2019.10.18

トロント滞在日記 #2

9月25日[1日目]:オリエンテーション

オリエンテーションがあるので、トロントの中心部・ダウンタウンに出る。
路線バスで最寄りの地下鉄駅まで行き、乗り換え、会場に向かうルートだ。

ここで驚いたのは、深夜運行のナイトバスがあること。

日本の路線バスには最終バスがあるが、トロントは24時間走っている。また日中のバスとナイトバスの運行ルートは違うようだ。

そしてバス停に時刻表がないことにも驚いた。

トロントの公共交通機関「Toronto Transit Commission」のホームページには書いてあるようだが、利用者は見ないらしい。通勤時間帯(午前6-9時、午後6-9時)は5分おきくらい、他の時間帯は1時間に2本ほどバスがくる。地下鉄も同じだ。

ちなみにホームステイ先の家の前は、日中・ナイトどちらとも通っている。トロントの交通事情は、自分の中で新鮮だ。

トロントの地下鉄。全部で4ラインある。通過した駅は赤、まだついてない駅は緑に点滅する

午後1時にオリエンテーションがあるコワーキングスペース(有料で使えるワークスペース)に到着。普段は語学学校の教室として使われている。今回の参加者が、午後4時まで自由に使用できる場所だ。

オリエンテーションで、CEPトロントのプログラムを管理してくれる、現地エージェントの社長さんとコーディネーターさんと会う。トロントの街や地下鉄の乗り方などについて説明してくれた。その後はチームの振り分けをした。自分は観光チーム。
現地で行ってみたいところと、オススメスポットをリストアップする作業をして、一日が終わった。

街中の電信柱に貼ってあった、引越し業者の広告。
チラシの下のほうに連絡先が載っている、短冊状の切れ目が入っていて、興味がある人はちぎれるようになっている。
日本の電柱には見かけない光景だった