2019.11.19

CEP ペナンダイアリー №1

「東洋の真珠」ペナン島 バディーたちと「Jalan Jalan」

はじめまして、遠藤櫻です。
今日からCEPでの経験などをお話ししたいと思います!

みなさんはマレーシアに行ったことがありますか?
日本からは飛行機で7時間程度で行くことができます。 首都はクアラルンプール、イスラム系・中国系・インド系など、様々な民族が住んでいる多民族共生国家として有名です。


滞在先は、マレーシアの西部にある小さな島・ペナン島。

「東洋の真珠」とも呼ばれるペナンには、ビーチやショッピングモール、美しい自然が見れる国立公園などがあり、マレーシアのリゾート地としてとても有名です。また中心部・ジョージタウンは、2008年、世界遺産に登録。イギリスの植民地となった18世紀の面影を、現代に色濃く残しています。

私は京都外大と交流協定を結ぶ、国立マレーシア科学大学(USM)で英語や観光学を学びながら、現地にあるUホテルで生活します。USMは今年の春休み、TOEIC留学で1ヵ月間滞在したので、今回で2回目になります。

私が数ある選択肢の中からマレーシアを選んだのは、イスラム教と観光について興味を持ったからです。

去年、留学生を京都案内した際のこと。
ハラールフード対応の飲食店や、プレイヤールーム(祈祷室のこと。イスラム教徒は1日5回、礼拝しなければいけない)が市内のどこにあるかがわからず、とても不便に感じたからです。日本の観光を盛り上げるために、世界三大宗教の1つであるイスラム教への配慮は必要不可欠であると考えました。 そこで、文化や生活環境を調べるため、国教がイスラム教であるマレーシアを選びました。

一緒に行くメンバー5人と、関空で前泊しました。大学でのたわいのない話や、ガイドブックを見ながらペナン島での過ごし方などを話していると、とてもCEが楽しみになりました。

一緒に前泊したみんなと


11月9日20時半、ペナン空港に到着。バスで15分程度にある、Uホテルに向かいました。そこでは、前回の留学で仲良くなった5人のバディたちがお出迎え。バスの窓から彼女たちを見つけた私は、降りると走って駆けつけ、「it’s been long time no see!!!」とハグ。 日本とマレーシアの文化交流の促進を目的に、京都外大とUSMが開設した施設 「Japan Cultural Center (JCC)」の副田先生にも「おかえり」と言われ、自分の地元に帰ったようなアットホーム感に包まれました。

次の日には、バディ達と「クイーンズベイモール」(イオンがあって、日本食も買える)に行きました。お昼ご飯には、みんなでマレーシアの焼き飯「ナシゴレン」を食べました。

久しぶりのナシゴレン。
ちょっと辛めなのが美味しいです


みんなはマレーシアの食に不安を持っていたのですが、「美味しい‼︎」と言ってくれたので、まるで自分が作った料理のように喜びました。

この大きさで約200円、破格!
(右手前が、私)


モールではグループに分かれて「Jalan Jalan」(マレー語で「ぶらぶらする」という意味)をしました。日本ではやっているタピオカが、RM7(日本円で大体210円)ぐらいで飲めます。本当に安いので前回来た際も飲み過ぎてしまいました。。。


ホテルへ戻り、現地のスーパーマーケット「テスコ」へ。前回の滞在中、通いつめていたナシゴレン屋さんをのぞくと、なんと、店員さんが私を覚えてくれていました。私を見た瞬間、指をさしてニコッと微笑んでくれました。「ペナンに戻ってきたんだな」と実感がわいて、本当に嬉しかったです。

ダンス終了後の私たち。 マレーシアの民族衣装「baju kebaya」を着て


そして11月11日、オープニングブリーフィングとマレーシアのダンスをしました。

日本にはない、ゆったりとした独特のリズムで、同じステップを何度も繰り返します。

以前も体験しましたが、私はダンスが少し苦手なので何度やっても難しかったです。特に、手と足の動きを合わせるのが大変でした。
先生は、かなりのスパルタ。振付がどんどんつけられて、みんな追いつくのに必死でした。気がついたら、衣装に着替えているような感覚でした。

夜のペナンの街並み。 夜と朝方は25℃くらいになります。過ごしやすいです


ダンスでくたくたになった帰り道、マクドナルドに行きました。

マレーシアは高温多湿。11月でも連日30℃を超えます。寒い日本との気温差にやられた私たちは、みんなでアイスを食べました。
痩せて帰国しようと思っていましたが、なかなか難しそうです。。。