2019.10.19

第9回 発表に向けて、ジリジリ

8月29日 西村屋 ホテル招月庭・客室ヘルプ3日目

CEPの終わりが見えてきた。

最終日の9月6日には、メンバー7人で、旅館経営者など関係者にプレゼンテーションをする。内容は宿泊業の労働環境調査だ。現状をアンケートや聞き取りなどで調べ、男女の格差解消や離職率の低下ついての対策、労働条件の改善などについて考えていく。

一緒に調査を進めるメンバーの田邊さんから

「そろそろ本格的に調査に取り掛からなきゃ。仕事終わりでも進めないとね」

と言われ、ジリジリ焦りだす。データを集め、どんな切り口で発表するか考えないといけない。しかし日々の業務で手一杯だ。頑張ろう!そう言い聞かせて、ノートパソコンを開く日々が続いている。

8月27日から29日まで、「西村屋 ホテル招月庭」で客室ヘルプの業務だった。本館と業務内容・流れはほぼ同じだが、部屋の位置やスタッフなど、環境は全く違う。新たな気持ちで臨もう。

初日から客室で接客を体験する。案の定、緊張した。お茶やお菓子を出して、館内の簡単な説明をするのだが、自覚できるくらい声が震えてしまう。
それでも耳を傾けていただいたり、配膳でてこずっても見守っていただいたり、お客様のやさしさに救われる場面がたくさんあった。

スタッフの方も「良かったよ」「明日はもっとできるようになるよ」と声を掛けてくれる。「お役に立てた!」と、気持ちが楽になった。2日目も特に問題なく、おもてなしができたんじゃないだろうか。

客室係の制服は作務衣です。
(左から)メンバーの薮田くん、松本くんと


8月29日、3日目。

仕事の日だったが、宿泊予約が少なかったので、午後から急遽プレゼンの準備に充てていただくことに。田邊さんとアンケートの結果確認と、話す内容の大まかな組み立てまでやろうと決める。

ご協力いただけたのは、今のところ、7軒の旅館とホテル。丁寧に答えていただいたので、スタッフの出身地や年齢層、業務についてなど、聞きたかった情報やデータがしっかり取れそうだ。

パワーポイントで、プレゼンの基本的な流れを書き出してみる。まだアンケートの返却がない旅館があるので、内容は不完全だ。まわりのメンバーを観察すると、各自パソコンで検索したり、紙に書いて考えをまとめていたり、内容について話し合っている。

とにかく、今できることを一生懸命にやろう。

メンバーの吉村さん。
彼女だけ、城崎の旅館「但馬屋」さんで研修です。がんばって!
お休みだった8/26。色浴衣を着た、みんなの笑顔が素敵で思わず撮った1枚 。
やっと夏らしいことができた!