2019.10.30

トロント滞在日記 #8

10月3日[9日目]:センテニアル・カレッジ訪問

今日はセンテニアル・カレッジにお邪魔しました。
家からバスで20分だったので、直接現地に向かうことに。

現地の学生約30人と一緒に、観光とホスピタリティーの授業を受けました。ただ授業を受けただけではなく、大学の紹介やスカベンジャーハント(学校を使った体験型ゲーム)をやりました。現地の学生と日本人の学生が一緒になってチームを作り、協力しながら学内探索や、お店めぐりなどミッションをこなしました。

スカベンジャー・ハントのミッション「レストラン前でジャンプ」をやった時


センテニアル・カレッジに来て思ったこと。

やはり、設備がすごい。トロント大学もそうだけど、学生が快適に学べる設備がそろっている。超ハイスペックなパソコンや、トレーニング器具がそろったスポーツジム・ルーム、そしてリクライニングチェアで仮眠できる部屋もあった。

さらにこの大学には、カナダの大学でもあまり見られない、珍しいプログラムが多いです。例えば、料理が学べる「Culinary Management」「Culinary Skills」や、警察学校みたいなコース「Police Foundations」、など、200以上のプログラムがありました。

料理に関しては、学校内にキッチンがあり、そこで調理法や技術を学べます。また、授業で作った料理が食べられるレストラン「 The Local Cafe and Restaurant」があります。 授業でスコーンやフライドブレッド、メープルティーなど、カナダの伝統的な食べ物を作ってくださいました。

甘さとベリーの酸っぱさが絶妙で、おいしかったです


学生が作った料理を学内で販売し、食べてもらう環境が整っている大学は、日本でもあまり見かけないと思います。

環境があることによって学生が自主的に学べるのだなと思いました。

何かを体験しながら学べる機会は大事ですからね。

授業後、インスタントカメラ「チェキ」で撮影。
センテニアル大学の学生には珍しいようで、大人気でした