2019.12.02

トロント滞在日記 #10

トロントで出会った、3人の日本人

自分たちがトロント滞在ですごくお世話になっている「Rook留学センター」。語学学校やホームステイ先のあっせんなど、4人の日本人スタッフがトロントでの留学をサポートしてくれる、小さな留学エージェントです。
今回のCEPでは、企業アポイントメントや、日報の取りまとめなどをやっていただきました。

自分は、ここに集まる3人の日本人留学生たちから、たくさんの刺激をもらいました。

京都外大にいると、慣れた環境で生活しているし、いつも同じ人としか関わりません。気の置けない仲間なので、それはそれで楽しい時間なのですが、新しいことに挑戦したくても、周りに流され、どうしてもグダグダしてしまう自分がいます。モチベーションを保つのが難しいのです。居心地が良すぎて、刺激を受ける機会が少ないと感じていました。

カナダに留学し、生活するほとんどの日本人は、何らかの目的があります。コミュニケーション能力をつけたい人や、ワーキングホリデーを利用して生きた英語を学ぶ人、大学を休学してきている人もいます。
目標や夢に向かって前進する姿を見て、「自分も、もっと頑張らないといけない」と、気づかせてくれました。

仲良くなった、3人の日本人留学生たち。
良い刺激をもらいました


彼らと初めて会ったのは、滞在2日目の9月25日。Rookでのオリエンテーションに参加した時でした。

席に座っていた3人を見て、瞬間的に「話してみたい」と感じ、声をかけたのでした。

自己紹介から始まった会話では、なぜトロントに来たのか、夢は何かについて聞いてみました。
3人は「将来外資系コンサルティングの会社を起業したい」「発展途上国で貧困層を助けたい」「ボランティアで国際貢献をしたい」と、大きくはっきりとした目標を持っていました。

「この3人、おもろいなぁ」

毎日会って話をし、彼らの価値観を吸収したいと思い、CEPの合間を見て、Rookへ通う日々が始まりました。

ラーメンを食べながら、ハロウィンのコスチュームを選びながら、ビリアードをしながら、自分たちの夢について話しました。

実は最近、「出会いは必然」と考えています。
今までは、人と知り合うのは「偶然」「奇跡的」と思っていましたし、そう考える人も多いのではないかと思います。
大学生になってから、人に会いに行く回数よりも、直感で話しかけた人と話が合うことが多くなり、価値観に共感できることが増えてきました。

Rookの日常をパシャリ
帰国前日、トロント最後の夜。ハロウィンパーティ!
仮装なんて、何年ぶりだろう
Rookで出会った仲間たち。 CEP最終日に、紅葉を見に行ったよ
仮装しながらの紅葉見物は、楽しかった!


彼らと過ごした時間は、自分の狭い世界を広げ、もっと自由に考えてもいいんだと、考えられるようになった気がします。

「もっとトロントに滞在したい」
「ずっとこのメンバーと過ごしてみたい」

そう感じさせてくれる、出会いでした。