2019.10.08

第4回 休日は、観光客気分で

8月7日・8日 休日

2日間の研修が終わり、8月7日・8日は休日だった。

初めての体験ばかりで緊張したのか、疲れがたまっている。お休み1日目はゆっくりしよう。

メンバーに「今日一日、部屋で過ごすわ」と伝え、持ってきたパソコンと向かい合いブログに取りかかる。今日は時間がたっぷりあるから、じっくりと書こうかな。洗濯やごみ捨てなど身の回りのことをしながら、ゆったりと過ごす。
たまっていた友達からの連絡に返信。まだ業務が始まってないので、現状を伝えることは少ない。休み明けから仕事なので心配だと伝えると、「頑張れ。無理しないで、いつでも連絡してね」との返事が。

本当に友達の言葉はありがたい。何も言わなくても、私が緊張しすぎていると察してくれている。おかげで、安心して本音を話すことができた。さあ、洗濯物をとりこみ、早めに夕食をとってお風呂に入ろう。
日々の食事は、朝以外、すべて西村屋さんが準備してくれる。昼は揚げ物や魚料理、麺類など、手作りのおかず。夕飯はお弁当。野菜もしっかり入っていて、バランスも良く、とてもうれしい。 今日は何もしない日。そういう日も大切だ。いつもより早い21時に就寝した。

しだれ柳に、お出迎えの灯篭。城崎には柳が多い


休日2日目。

おはよう、自分。今日もお休みだ!

正直、嬉しい。いつもより4時間ほど遅い、10時に起床。曇天で蒸し暑いが、雨は降らなさそうだ。身支度の最中、なぜだかふと、城崎での生活に慣れてきているなあと感じた。

今日はメンバーの女子2人とランチ。私は但馬牛のステーキ丼を注文。あっさりしていて、食べやすい味だ。おいしい。ほかの2人も満足している様子。
おなかもふくれ、街を散策する。気分はもう観光客だ。みんながチェックしていたお店に私はついて行く。彼女たちがショッピングしている間、私は温泉街の写真を撮りに行った。次の休みは行きたい場所を決めて出かけようと思いながら、シャッターを切る。城崎を満喫した1日だった。

明日から仕事だ。みんなの顔から、不安な気持ちやワクワクした表情が垣間見える。もしかしたら、私が一番緊張していたのだろう、「大丈夫?」「(不安が)顔に出てるよ」と、メンバーから少し心配された。お互いにどうだったか報告しようね、と言って部屋へ戻る。

深夜1時頃にベッドへ。明日から頑張るぞ、いや頑張りすぎるのも良くないな、でも頑張るくらいの気持ちがないとな、なんて頭がグルグルしたまま、眠った。

但馬牛。脂っこくなくて、やわらかい