2019.11.06

CEP TEAM BRISBANE #04

立ちはだかる、「3ヵ月」の壁

学校の近くのショッピングセンターでラーメン食べてきました、釜崎ですっ。
日本の方が働いていたので、京都から来たと伝えたら、すんごい喜んでくださいました!日本で食べるラーメンぐらいクオリティが高くて、おいしかった!大満足ですっ。

替え玉しました


今回はなかなか思うようにすすまないCEPの活動をお伝えします。包み隠さず、赤裸々に、、、

私たちの活動目標は、殺処分されている犬や猫など、動物たちの数をゼロにすること。活動では飼い主の責任感やこれから飼うことを考えている人に向けた、動画作成を考えています。

ブリスベンに滞在前は、京都動物愛護センターや大阪・能勢町にある動物救援組織「OSAKA ARK」にボランティアとして参加させてもらい、代表の方に施設にいる動物のこと、現在、飼い主の意識が高まってきているかなどインタビューを行いました。

OSAKA ARKで保護犬と戯れる私たち
保護された犬。シュンとしてる姿が見ていてつらかったです。。。


また、2018年の3月には、動物福祉先進国ドイツ・ベルリンにある「ティアハイム・ベルリン」というヨーロッパ最大級の動物保護施設にも行ってみました。

2018年3月、ティアハイム・ベルリン前でピース
(一緒に行ったAshleyが撮影)


国を問わず、どの施設にいる動物たちはさみしい顔をしていました、、、

ブリスベンでもフィールドワークを行いたかったので、RSPCAでお話を伺う以外に、ボランティア活動を探してみるも、“Minimum 3months” の文字が大きな壁となって、立ちはだかってきました、、、

私たちのプログラムは6週間。「よし、ボランティアを探そう!」と行動したのが2週間たってからでした。 体験だけでも、、、と探してみましたが、なかなか見つかりません。
動物園や動物保護団体にメールを送ってみるも、返信が返ってこなかったり、電話してみても「ここじゃなくてこっちにメールして」と、そっけない回答。

そんな感じでなかなかボランティア活動に参加できずにいます。。。悔しい。。。

活動に行き詰った10月11日。
なんと。
ブリスベンのあるキャットカフェから返信が。

「来週の土日にハロウィーンのイベントがあるんだけど、ウェルカムするよ!」


キタ――――――――――――――――!

「ありがとうございます、よろしくお願いします!土曜日に参加してもよろしいですか?」と返信。

しかし!
その後、連絡来ず!!

当日にもう一度連絡しましたが、やっぱり返事がこないので、結局参加できませんでした。。。。

残念過ぎる、、、、、、、、、

何が間違っていたんだああああああああっっっ、、、

私たちの最後の望み、RSPCAにもう一度お願いすることにし、ボランティア全般の受付窓口ではなく、施設で案内してくださった方に直接メールしてみました。

メールで送ったアンケートにも丁寧に答えてくださったので、お礼のタイミングで、「ボランティアできるところを探しています。私たちに何かできることはありますか?」と送ると、、、

「残念だけど、3か月以上参加できる人しかお願いできないよ」

とお返事が。。。

残念………。

というわけで、動画作成はまだ構成を考え中です~。

そう、今週はUQの学生さんにもアンケートをお願いしました!
オーストラリアの人の回答は70人。
がんばった!

チョコあげるから、協力して!と書いてみました。
ありがとう、オーストラリアのみんな

【追伸】

ボランティアで連絡していた、コアラ保護区「Lone Pine Koala Sanctuary」から返信来ました(家庭内動物とはもう関係ないけど。。。笑)。

最低何週間とかはないんですけど、少なくとも5回はシフトを入れることができる人で、英語能力がvery goodな人を求めていますとありました!

平日は火、水、金が可能で週末は出来ないみたいです。週1〜2でできるみたいです。週2で最低5回は難しいので、1週間だけでも出来るかお願いしてる所です。 返信待ちです!

ドキドキ!